RSS | ATOM | SEARCH
介護ビジネスM&A(合併・買収)勢力拡大
JUGEMテーマ:介護
介護市場の成長を背景に資金力を武器に
大企業が介護ビジネスにM&Aで参入増加傾向にある。
2012年はM&Aの件数1000件を超えた。
今年も10.8%増しで今後も増えると予想される。

【買収価格上昇】
介護ビジネスを売る側は
「後継者不足」・「経営不振」・「先行き不安」などの理由で
介護ビジネスを退く傾向があるが、
今まで投資した資金・労力・経験を無駄にはしたくない。
現在では「売り手優位」で1社の売り手に数社が名乗りを上げることも多く
買収価格も上がっている現状である。

【新しい特徴のある施設増加】
買収する側も従来の本業ビジネス、飲食、ドラッグストア、訪問介護等、
独自のサービス、ノウハウを介護ビジネスに応用、活用し
新しいスタイルの施設で「お客様満足度」を追求している。
author:, category:介護, 13:52
-, -