RSS | ATOM | SEARCH
特別養護老人ホーム(特養)への入所希望待機者増
JUGEMテーマ:介護
厚生労働省は特別養護老人ホーム(特養)への入所希望待機者が、
今年3月の集計で全国に約52万2千人と発表。
前回2009年12月の集計の約42万1千人から約10万人増えた
食事や排せつに介助が必要な要介護3〜5の中重度者は約34万4千人で、
待機者全体の3分の2を占めた。
待機者が増加したのは、高齢化が進み、
入所希望者数が特養受入可能数をオーバーしているためだ。
2015年度からは特養への入所を原則、要介護3以上に限定する方針。
今回の集計結果は特養での介護を望む高齢者が依然として多いことを示している。

特養施設整備に限らず民間施設利用促進や在宅介護の体制充実が急務と言えそうだ。
author:, category:介護, 16:16
-, -